スポーツ・地方創生 基調講演無料

K-1 2月27日 [水] 10:00~11:30
<スポーツ・地方創生 合同基調講演>

スポーツビジネスの未来と地方創生

<パネリスト>

川淵 三郎

(一社)日本トップリーグ連携機構
代表理事会長

川淵 三郎

<パネリスト>

鈴木 大地

スポーツ庁
長官

鈴木 大地

<パネリスト>

池田 純

スポーツ庁 参与/
(株)横浜DeNAベイスターズ
初代代表取締役社長

池田 純

<モデレーター>

ラルフ 鈴木

日本テレビ放送網(株)
編成局アナウンス部

ラルフ 鈴木

講演内容はこちら
  • スポーツビジネスがこれからどのように発展するのか。また地域経済にどのようなインパクトを与えていくのか。スポーツビジネスを支えるキーマン3名が語る必聴の講演!
プロフィールはこちら
  • 川淵 三郎

    昭和11年(1936)12月3日 大阪府高石市生まれ

  • 【学歴・職歴】

    【サッカー歴】

    昭和30年(1955)

    大阪府立三国丘高校卒業

    全国高校選手権大会出場

    昭和32年(1957)

    早稲田大学商学部入学

    早稲田大学サッカー部でプレー(~1961)

    昭和33年(1958)

    日本代表選手に選抜される

    昭和34年(1959)

    ローマオリンピック予選出場

    昭和35年(1960)

    チリW杯アジア予選出場

    昭和36年(1961)

    古河電工入社

    古河電工サッカー部でプレー(~1972)

    昭和37年(1962)

    アジア大会(ジャカルタ)出場

    昭和39年(1964)

    東京オリンピック出場

    昭和45年(1970)

    現役引退

    昭和47年(1972)

    古河電工サッカー部監督(~1975)

    昭和51年(1976)

    日本サッカーリーグ(JSL)常任運営委員(~1980)

    昭和55年(1980)

    ロスオリンピック強化部長(~1984)
    (日本代表チーム監督5ヶ月)

    昭和57年(1982)

    10月

    古河電工 名古屋支店勤務

    昭和63年(1988)

    6月

    古河産業出向

    7月

    日本サッカーリーグ(JSL)1部 総務主事

    10月

    (財)日本サッカー協会 理事

    平成3年(1991)

    3月

    (財)日本サッカー協会 プロリーグ設立準備室長

    11月

    古河電工退社
    (社)日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)チェアマン 就任

    平成6年(1994)

    5月

    (財)日本サッカー協会 副会長

    6月

    2002年W杯日本招致委員会 実行副委員長

    平成8年(1996)

    7月

    2002年W杯開催準備委員会 実行副委員長

    平成9年(1997)

    12月

    (財)2002年FIFAワールドカップ日本組織委員会 理事

    平成12年(2000)

    6月

    (財)2002年FIFAワールドカップ日本組織委員会 副会長

    平成14年(2002)

    7月

    (財)日本サッカー協会 キャプテン(会長)

    平成20年(2008)

    7月

    (財)日本サッカー協会 キャプテン(名誉会長)

    平成24年(2012)

    6月

    (公財)日本サッカー協会 キャプテン(最高顧問)

    平成25年(2013)

    4月

    公立大学法人 首都大学東京 理事長(2017年3月退任)

    平成27年(2015)

    4月

    (一社)ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(Bリーグ) チェアマン (2015年9月退任)

    平成27年(2015)

    5月

    (公財)日本バスケットボール協会 会長 (2016年6月退任)

    平成27年(2015)

    5月

    (一社)日本トップリーグ連携機構 代表理事会長

    平成28年(2016)

    6月

    (公財)日本バスケットボール協会 エグゼクティブアドバイザー

    平成30年(2018)

    3月

    (公財)日本サッカー協会 キャプテン(相談役)

  • 鈴木 大地 競泳選手として1984年ロサンゼルス、1988年ソウル五輪に出場。ソウル五輪では男子100メートル背泳ぎで、日本競泳界に16年ぶりの金メダルをもたらした。順天堂大学大学院を卒業後、米コロラド大学ボルダー校客員研究員、ハーバード大学のゲストコーチなどで留学を経験。2007年には順天堂大学で医学博士号取得し、2013年同大学教授。同年には日本水泳連盟会長、日本オリンピック委員会理事に就任。2015年10月より現職。また2016年10月にはアジア水泳連盟副会長、2017年7月には国際水泳連盟理事にそれぞれ選任された。
  • 池田 純 早稲田大学商学部卒業後、住友商事、博報堂を経た後、数年にわたり大手製菓会社、金融会社等の企業再建・企業生成業務に従事。その後2007年DeNA入社。執行役員マーケティングコミュニケーション室長を務める。2010年にNTTドコモとDeNAのジョイントベンチャー、エブリスタの初代社長として事業を立ち上げ、初年度から黒字化。2011年に横浜DeNAベイスターズの初代球団社長に史上最年少の35歳で就任。5年間で数々の改革を行い、売り上げは倍増、観客動員数は球団史上最多、24億円の赤字から5億円超の黒字化に成功。2016年10月契約満了に伴い退任。
    現在は、スポーツ庁 参与、さいたま市スポーツアドバイザーなどをはじめ複数の企業の社外取締役やアドバイザーを務める一方で、雑誌Numberとタッグを組み開催しているNumber Sports Business Collegeの学長も務める。
  • ※敬称略。講師・プログラムの内容は変更になる場合もございます。
    セッションの録音、写真・動画撮影などは一切禁止させていただきます。